HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

余ったご飯は冷凍にして美味しく保存

ご飯を食べる量は気分によって違うので、どうしても多めに炊いてしまいがちです。余ったらまた次に食べればいいかと、炊飯ジャーの保温設定を利用していることが多かったです。でも保温にしておくと、よほど高い炊飯ジャーを使っていないかぎり、固くなったりして美味しくありませんよね。食べたくないなと思った部分は捨ててしまったり。今思えばもったいないことをしていました。今では冷ました後、ラップにくるみパックに入れて冷凍しています。これでジャーの電源を切っておくことができますので、電気代も抑えられるし、使う電気も少なくなるので節電効果もあります。それに冷凍ご飯も、冷凍の仕方や解凍の手順を間違えなければ、充分に美味しいご飯としていただけます。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成弁護士を独占取材した記事
サイト紹介 業務分野は、裁判・紛争(会社訴訟・非訟を中心とした企業活動に関わる事件)、経営支配権争いに関わる事件(内紛、敵対的企業買収、委任状争奪戦、社長解任)、企業不祥事対応、会社法、金融商品取引法、民商法を中心とした企業活動に関わる法律問題の助言。 2004年~2017年『ダイジェスト金融商事重要判例〔平成15~27年版〕』(経済法令研究会)。 第二東京弁護士会所属、1993年早稲田大学法学部卒業、2011年二重橋法律事務所を代表弁護士として開設し、2018年OMM法律事務所開設。 大塚 和成(おおつか かずまさ、1971年1月18日 - )は、日本の弁護士(第二東京弁護士会)。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~8

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。